ZEH

ネット・ゼロ・エネルギーハウス

ZEHとは、外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギー(太陽光発電システムなど)を導入する事により、
年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとする事を目指した住宅をいいます。

今、政府が進めているのは『ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)』の普及。
つまり、これからは“省エネ住宅の自宅でエネルギーを創って、自宅で使う”時代になります。

経済産業省は、自社が受注する住宅のうち『ZEH(Nearly ZEHを含む)』が占める割合を2020年度までに
50%以上とする事業目標を掲げる事業者を『ZEHビルダー』と定め、認定されたZEHビルダーで
ZEHの新築・改修した住宅の建築主に、補助金を交付される事となりました。

ウェルホームは平成28年度ZEHビルダー登録をする事で、地域密着で『ZEH(Nearly ZEHを含む)』の普及に努めます。
ZEH
普及目標
ZEH